カードローン比較

お金を借りる方法はさまざまです。
中でもよく利用されているのが消費者金融と銀行です。

 

そして、消費者金融のキャッシングローンや銀行のカードローンに関してはよく比較されます。いずれのローンも重宝されています。

 

ところで、もし皆さんが、お金を借りるとしたらどちらを利用したいですか?

  • 「お金を借りるならできるだけ安い方がいい。」
  • 「なるべく早くお金が欲しい。」
  • 「仕事がどんなに忙しくても借りられるローンがいい。」

などなど。

 

皆さん、それぞれ優先したい事項があるはずです。
それによって、どちらがどのような時に適しているのかが決まります。

 

その判断における鍵を握るのが、それぞれのメリットとデメリットについての知識です。
では、その内容を具体的に確認してみましょう。

 

何よりスピードが一番の消費者金融!

 

まずは消費者金融のメリットとデメリットです。
時間を何よりも優先したい方には、消費者金融が最適です。

 

消費者金融のメリット

消費者金融の最大のメリットといえば、その迅速なサービスです。
申込から返済まで全ての手続きがスピーディーです。

 

中でも自慢なのが、審査時間の速さです。業界の最速時間は30分
システムの速さを誇るモビットでは、特に審査時間に定評があります。

 

ちなみに、モビットの「WEB完結型申込サービス」では、申込から返済まで全ての手続きをインターネット上で行えるので、忙しい現代人でも気軽にお金の借入ができるようになっています。

 

そして、この審査時間の速さを駆使してできるサービスが、即日融資です。
即日融資とは、申し込んだその日に融資を受けることができるサービスのことです。

 

このサービスは、アコムやプロミスをはじめとする大手消費者金融はもちろん、ほとんどの消費者金融で利用が可能です。少しでも早く手元にお金が必要。そんな緊急時には即日融資サービスが必ず役に立つことでしょう。

 

消費者金融のデメリット

残念ながら、もちろん消費者金融にもデメリットがあります。
それは金利の高さです。

 

資本がなく、お金を貸すことでしか利益を生み出すことができない消費者金融なので、貸したお金はできるだけ早く回収したいのです。そのために金利設定も高めにならざるをえません。

 

従って、何より安くお金を借りたいと考えている方、また長期的に少しずつ返済していきたいと考えている方には向いていないということができます。

 

安くて高額の融資が必要なら銀行カードローン!

次に銀行カードローンのメリットとデメリットを見てみましょう。
こちらのローンは、多額の融資をできるだけ安く借りたい、と思っている方にお勧めのローンです。

 

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットは、低金利で多額の借入ができることです。

 

2006年から「総量規制」という法律が改正されたのを、皆さん覚えていますか?
この規制によって「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」と定められてしまいました。

 

そのため、消費者金融やクレジットカードの信販会社における借入可能額は大幅に減少されてしまったのです。

 

しかし、銀行のローンは総量規制対象外となっています。
つまり、銀行カードローンにおいても法律的な借入制限はないということになり、高額の利用限度額の設定も不可能ではないということになります。

 

これは銀行カードローンの大きな強みです。
さらに、銀行は資本が整っているため、低金利で長期的にお金を貸すこともできるようになっています。

 

  • できるだけ安く済ませたい。
  • 多額の借金が長期的に必要。

そんな方にとっては銀行カードローンは最適であるといえます。

 

銀行カードローンのデメリット

安くて、高額の融資が可能な銀行カードローン。
しかし、やはりデメリットもあります。

 

それは審査に時間がかかり、また通過も比較的難しいということです。

 

銀行のローンだけでなく、どんなローンでもお金を借りるとなれば必ず審査が必要です。
いずれの審査にしても、借入金額が高額であればある程、また金利が安ければやすい程、難航するものです。

 

銀行カードローンも、もちろん例外ではありません。
低金利で高額の融資を行うためには、それだけ審査も慎重になり時間が掛かるのです。
そして、そのハードルも高めになっています。

 

ですから、銀行カードローンはすぐにお金の用意が必要な時には不向きであるということができます。

 

消費者金融のキャッシングローンと銀行カードローンを比較しよう!

 

では、以下をご覧になり、具体的に消費者金融のキャッシングローンと銀行カードローンを比較してみて下さい。

 

まずは消費者金融のキャッシングローンの実質年率と利用限度額です。

 

【アコム】
実質年率:4.70%〜18.00%
利用限度額:500万円

 

【プロミス】
実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:500万円

 

【アイフル】
実質年率:4.5%〜18.0%
利用限度額:500万円

 

次に銀行カードローンの実質年率と利用限度額です。
【三井住友銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:1000万円

 

【住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)】
実質年率:1.99%〜7.99%
利用限度額:1000万円

 

【オリックス銀行カードローン】
実質年率:3.0%〜17.8%
利用限度額:800万円

 

【楽天銀行スーパーローン】
実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

上記をご覧になってもおわかりの通り、消費者金融の金利に対して銀行カードローンの金利は明らかに低めになっています。また、利用限度額もカードローンでは1000万円の利用が可能であることもわかります。

 

まとめ

以上のことから、どちらがどんな時に適しているかがおわかりになったでしょう。
日々生活している中で、ちょっとしたピンチの時。

 

例えば……

  • 急に葬儀に出なくてはならない。
  • 事故で入院した。
  • カードの支払い日が明日に迫ったのに用意がない。

など。

 

どうしてもすぐにお金が必要だが今は用意ができない、なんて時には消費者金融が必ずお役に立つでしょう。この時、くれぐれも余分な借入をして返済期間を長引かせるようなことはしないようにすることをお勧めします。

 

 

 

また、今すぐに用意が必要ではないが、ちょっとまとまったお金が必要で、少しずつ返済していきたい時。

 

例えば……

 

  • 留学のための資金が必要。
  • 英語を習いたいので、その学費。
  • 結婚式の費用に充てたい。

など。

 

高額の融資が必要で、その返済に時間をかけたい(月々の返済金の負担を軽くしたい)と考えている方にとっては、銀行カードローンがお勧めです。

 

カードローンは、他の銀行のローンのように使用用途が限定されていない、使い道が自由な数少ないローンです。しかし、すぐに融資を受けることは難しいので、余裕を持って申し込みをしましょう。