カードローン比較

消費者金融のキャッシングローン 対 銀行のカードローン

手軽にお金を借りることができる、消費者金融のキャッシングローンや銀行のカードローンはとても便利ですよね。ところで皆さんは、いざお金を借りるならどちらを利用しますか?

 

それぞれにはメリットとデメリットがあります。
どちらがどんな時に適しているのかを判断するためには、このメリットとデメリットの把握は非常に重要になります。

 

今すぐお金が必要なら消費者金融!

消費者金融の最大のメリットは、ズバリ。

 

「迅速なサービスを受けることができる」
です。

 

申込から返済まで全てがスピーディー
一刻も早く手元にお金が必要、そんな時には即日融資サービスが必ず役に立つはずです。

 

しかしながら、金利が高めであることは否めません。
何としても、安くお金を借りたいと考えている方や、長期的にじっくり返済していきたいと考えている方には向いていません。

 

できるだけ安く済ませたいなら銀行のカードローン!

銀行カードローンのメリットといえば……

 

「低金利で多額の借入ができる」
ということです。

 

2006年より、総量規制という法律が改正されました。
しかし、銀行のローンはこの規制対象外となっているため、未だに多額の借入も不可能ではありません。

 

また、資本が整っている銀行なので金利も低めに設定されているとあって、できるだけ安く済ませたい、多額の借金を長期的に借りたい、と考える方にとっては最適であるといえます。

 

反面、低金利で高額の融資を行うためには、審査もそれだけ慎重になり時間が掛かることはデメリットであるともいえます。

 

では、以下をご覧になり、具体的に消費者金融のキャッシングローンと銀行のカードローンを比較してみて下さい。

 

【アコム】
実質年率:4.70%〜18.00%
利用限度額:500万円

 

【プロミス】
実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:500万円

 

【アイフル】
実質年率:4.5%〜18.0%
利用限度額:500万円

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:500万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:1000万円

 

【住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)】
実質年率:1.99%〜7.99%
利用限度額:1000万円