カードローン比較

銀行のカードローンの利子を比較してみよう!

銀行のカードローンのメリットは低金利なことです。
消費者金融のキャッシングローンの平均的な金利水準が、5%〜18%程度なのに対して、銀行のカードローンの金利水準は3%〜15%程度となっていて、その差は歴然です。

 

また、利息の金額を具体的に考えてみると……

例:10万円を1ヶ月(30日)間借りた場合
金利14%→1,150円
金利18%→1,479円

たった1ヶ月で300円以上の差が付くのです。
これが1年間借りた場合となれば、利息の差は4,000円とさらに広がります。

 

つまり、金利は非常に重要な要素なのです。
銀行のカードローンも銀行によって金利に差がありますので、各銀行の金利についてはよく確認しておくことをお勧めいたします。

 

では、以下に具体的にお金を借りた場合を想定して、各銀行のカードローンの返済金や利子について比較してみましょう。

 

カードローンの返済金や利子を比較しよう!

では、以下の6社において、

 

例:10万円を借りて、毎月1万円ずつ返済した場合の返済総額を比較してみます。

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:10〜500万円
返済総額:107,280円

 

【住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)】
実質年率:2.49%〜7.99%
利用限度額:10〜1,000万円
返済総額:107,389円

 

【三井住友銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円
返済総額:107,227円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:3.5%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円
返済総額:106,956円

 

【楽天銀行スーパーローン】
実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円
返済総額:107,227円

 

【じぶん銀行じぶんローン】
実質年率:3.9%〜17.5%
利用限度額:10〜500万円
返済総額:108,878円

 

最も利息額が少ないのは、【みずほ銀行】の6,956円でした。
次に【三井住友銀行】と【楽天銀行】が同額の7,227円で並んでいます。

 

逆に最も多かったのは、消費者金融並みの金利が反映された【じぶん銀行】の8,878円で、【みずほ銀行】より2,000円近く高い利息額となりました。