カードローン比較

気になる!銀行のカードローンのシステムとその比較

お手頃な金利で高額の融資が可能な銀行カードローンは、多くの方に利用されています。
銀行の中でも、他のローンと比較するとそのシステムは少し異なっており、消費者金融のキャッシングローンのそれと似通っています。

 

では、カードローンのシステムとはどのような仕組みになっているのでしょうか?
また、具体的な金利や利用限度額についても気になるところですよね。

 

銀行のカードローンのシステムとは?

普通、銀行のローンといえば住宅ローンなどの大型ローンをすぐ思い浮かべると思います。
こうしたローンは、契約時に融資総額が決定され、一括で全額振り込まれるのが一般的です。

 

その後は完済に向けてひたすら返済を繰り返すのみ、というシンプルなシステムになっていることでしょう。

 

しかし、カードローンのシステムは違います。
まず、契約時に決定されるのは融資総額ではなく、利用限度額です。
そしてローンカードが発行されます。

 

このカードを利用して、最寄りのATMから借入金額を指定して融資金を引き出すシステムなのです。

 

利用限度額の範囲内ならば何度でも借入は可能です。
もし、借入総額が限度額いっぱいになってしまった場合、一旦借入はできなくなります。
ところが、次の返済を行うと限度額が復活し、また借入ができるようになります。

 

銀行のカードローンの比較

それではここで、銀行のカードローンの具体的な金利や限度額を比べてみましょう。

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:10〜500万円

 

【オリックス銀行カードローン】
実質年率:3.0%〜17.8%
利用限度額:800万円

 

【三井住友銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円

 

【楽天銀行スーパーローン】
実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

これらの銀行を比べてみると、数値的にはみずほ銀行カードローンの金利は良心的で、しかも限度額が最高1000万円となっている点においても有利であるということができます。

 

また、近年はネット銀行によるカードローンが増加し、魅力的なサービスを提供しているのでチェックしてみましょう。